妊娠を目指しているときには、次にいつ生理が起こるのかを知る必要があります。

妊娠するチャンスは月に数日しかないので、妊娠を目指している女性にとっては非常に意味のある日です。

周期の計算方法や妊娠しやすい日の勘違いを防ぐために、アプリを利用して情報を整理することが効果的です。



自分が妊娠しやすい日を病院で調べてもらうこともできますが、まずは自分で予測を立てて妊娠を目指す女性が多いです。

人によって生理が起こる周期が異なりますので、自分自身で情報を管理する必要がありますが、大雑把な性格の人だとスケジュールを忘れてしまうこともあります。
毎日利用するスマホのアプリで管理すると、通知機能を利用する等、忘れないように工夫することが可能です。生理を予測するアプリを利用することで、次回の予測日を夫やパートナーと情報共有できるようになり、妊活計画を相談する場面でも役立ちます。妊活には男性の協力が必要不可欠ですが、女性がどの時期に妊娠するのか分かっていない男性も多いので、アプリの情報を見ながら話し合うとスムーズです。



なかなか妊娠せず産婦人科で相談する場合には、いままでの生理の周期を必ず質問されるので、アプリの記録が役立ちます。



生理が起こっていても排卵が起こっていない場合には妊娠しませんので、病院では排卵が起こっていることを確かめるために基礎体温の測定を求められます。あらかじめ基礎体温を保存できる機能があるものを利用すると、より便利です。

Copyright (C) 2017 アプリで生理を予測することが妊活の第一歩 All Rights Reserved.